一宮で注文住宅を建てるための基礎知識

一口に注文住宅と言っても様々な種類があります。一宮で住宅を建てる場合は、住宅の種類を知り、基礎知識を身につける必要があります。住宅は自分で建てることができることは、意外と知られていません。建築基準法を遵守すれば、一定の規模までは、自分で建てても問題はありません。しかし、一般的には住宅の建築は、専門の会社に依頼します。一宮で注文住宅の依頼先として考えられるのが、住宅メーカーと工務店です。さらに、設計を設計事務所に依頼し、工事を工務店に依頼する方法も考えられます。住宅メーカーの発祥は、プレハブの離れをつくるところから始まっています。その後、住宅地の開発などで急速に業績を拡大していきました。工務店の前身は大工の棟梁です。日本の木造建築は、歴史的に棟梁を中心とした大工により造られてきました。

住宅を建てる場合に守らなければならない建築基準法

一宮で注文住宅を建てる場合も、建築基準法の規定が適用されます。住宅はどの場所にどんなものを建てても良いのではなく、一定の規制が建築基準法と関連法規により定められています。住宅を建てる場合は、建築基準法に対する一定の理解がないと、設計担当者の話の内容がわからなくなります。建築基準法には、建物の面積や高さ、防火に関する基準が定められています。建築基準法は、建ぺい率や容積率、高さの制限などが定められている集団規定と、採光、換気、構造、避難などの規定が定められている単体規定に分かれます。住宅は定められた場所で、一定の規定を守ることで、始めて建てることができます。住宅を建てる前には、建築確認申請を行わなければなりません。実際は専門家が代行してくれるものの、申請者は施主になります。

客観的に住宅の性能を知るための方法

一宮で注文住宅を建てる場合、建築の内容は専門家に任せるしかないのが一般的な認識です。しかし、専門家がどの項目を重視しているのかを知るのは重要なことです。長期優良住宅や住宅性能表示制度は、住宅の性能を客観的に知る方法として利用されています。住宅金融支援機構の融資を受ける場合も、建築基準法とは別の審査により、建物の品質が評価されます。住宅は構造や工法により、耐久性が異なります。比較的長持ちするとされるのが、工務店などが採用する木造軸組み工法です。同じ木造でも、2×4工法は、釘で留められたパネルで出来ているため、耐久性は期待できません。軽量鉄骨プレハブ工法は、鉄部のサビが発生しなければ長持ちします。鉄筋コンクリート造は、コンクリートの品質により、長持ちします。