お得に一宮の注文住宅を建てるコツ

一宮といえば、日本の東西の大動脈として知られる東名高速道路および名神高速道路と、太平洋と日本海とをつなぐ縦軸である東海北陸自動車道の結節点となっており、交通の要衝であるということができます。また、この市の北側から西側へと、いわゆめ木曽三川のひとつである木曽川が流れており、すばらしい自然の風景を堪能することもできます。こうしたエリアで注文住宅を建てることができれば、将来にわたって理想的な暮らしが実現できそうという期待がふくらみますが、忘れてはならないのが、その価格的な高さです。将来にわたる住宅ローンの返済なども考えた上で、できるだけコストを縮減して建築ができるように工夫をすることで、後悔のないようなマイホームづくりが実現するものです。

住宅のコスト節減の工夫がたいせつ

一宮で注文住宅を工務店やハウスメーカーに依頼をする場合ですが、コスト削減のために、たとえばハーフメイド形式のものを活用するという手段があります。すべてを施主の希望どおりに実現するのであれば、設計や内装、外装の建材調達に至るまで、まったく何もないところからはじめなければなりませんので、コストがかかってしまうのはやむをえないところです。そこで、あらかじめハウスメーカーなどがいくつかのパターンを選択肢として提示しており、そこから施主がみずからの意向によって選択を組み合わせるという、いわゆるハーフメイドの形式を利用すれば、ある程度は間取りや外観などが自由になる上に、コストも削減できることになります。ほかにも、できるだけ柱、壁などの建材がよけいに必要になることのないような、シンフルな間取りとすることによっても、コスト削減を果たすことが可能です。

住宅ローンの借り入れ条件にも留意する

一宮の注文住宅の購入にあたり、通常は銀行などから住宅ローンを借り入れて、その資金をもって購入代金にあてるというがふつうであるといえます。住宅というのはサラリーマンの給料の数年分になるという大きな買い物ですので、自己資金だけではなかなかむずかしいというのが実情です。この場合、たとえば金利水準が低い時期を見計らう、あるいは優遇金利が適用される条件を選ぶというのが、将来的な返済の負担を少なくするためにも重要です。金利が低い時期に固定金利で住宅ローンを借り入れることができれば、金利部分の返済金額が減るのは当然であり、住宅そのもののコスト削減に等しい効果をもちます。また、たとえば銀行で総合口座を開設した人に優遇金利が適用されるなどといった、いくつかの条件を最大限に活用してみるといったことも、これと同様であるといえます。