一宮で注文住宅を建てる時に知っておきたいこと

一宮で注文住宅を建てる場合は、住宅に関する最新の情報をつかんでおく必要があります。特に、耐震性に関する情報は重要です。住宅はそこに住む人々の命と財産を守るものです。災害に対して強い住宅を建てることは、他の事項に優先されます。災害に対して安心できることを確認した上で、利便性や居住性、自然環境の良さ、住宅の間取りなどを考えることが大切です。一宮は濃尾平野の一角を占め、気候が温暖で暮らしやすいところです。住宅を建てる場合は最低でも、地震に対する対策と、洪水被害に遭わない対策をとっておく必要があります。洪水被害に遭いやすい場所は一般に地盤が悪く、地震被害にも遭いやすいことが知られています。住宅の取得にあたっては、災害に対する十分な備えが必要です。

木造住宅の地震被害に関する最新の研究

一宮で注文住宅を建てる場合は、木造住宅に関する地震被害の研究成果を知っておく必要があります。木造住宅の耐震基準は、建築基準法に定められています。建築基準法では、筋違い壁の設置等により、一定の耐震性を保つことが知られています。しかし、建築基準法の規定は最低限度の基準であることは、あまり知られていません。木造住宅において、建築基準法で想定する地震は、50年に一度の頻度で発生するものに過ぎません。近年の日本列島では、500年に一度しか発生しないはずの地震が頻発しています。これらの巨大地震に対する備えとしては、建築基準法の規定は不十分です。巨大地震に対して十分な強度を持つにはどうしたら良いかを、研究機関を始め、住宅メーカー、工務店に至るまで、考え始めています。

巨大地震でも倒壊しない木造住宅

日本の伝統木工法を用いた建築は、本来地震い強い造りです。一宮で注文住宅を建てる場合は、巨大地震でも倒壊しない耐震性を持たせる必要があります。研究機関は熊本地震の被害状況を調査した結果、直下率が地震被害に関係することを、突き止めました。直下率は、2階に壁があった場合に、1階の同じ位置にも壁がある割合のことです。直下率を高めることで、大きな地震被害を免れることが出来ます。大手住宅メーカーでは、独自の地震対策を行っています。建築後、大手住宅メーカーの住宅は、建築後数十年の間は、高い耐震性を示すと考えられます。工務店も負けてはいません。日本の伝統木工法の技術を継承する工務店では、床の剛性を高めることで耐震性を大きく引き上げています。さらに、良心的な工務店では、柱の太さを太くしたり、外壁に構造用合板を張るなどして巨大地震に備えています。

本社ショールームがある一宮エリアには、タイプの異なるモデルハウスをご用意! メルマガ登録限定特典。家事をより快適に!三昭堂にてご契約頂くと、食器洗い乾燥機をプレゼント致します。 AM10:00?17:00 土日祝日も営業しています。 オーナー様サポートを最優先!地元密着の施工エリア。 一宮、江南、春日井、蟹江、長久手、東浦、岡崎、西尾に展示場を設けています。 注文住宅のことなら一宮の三昭堂へおまかせください!